中古車オークション・自動車オークション代行 名義変更・車庫証明 電話番号
名義変更・車庫証明 お問い合わせ
中古車 お問い合わせ 中古車 Q&A 中古車 オークション会場 中古車 サイトマップ 自動車 リンク
中古車 売買の流れ 中古車 諸経費 自動車 名義変更 中古車 評価店の見方 中古車 自動車税・重量税
中古車 検索・自動車 検索
中古車・自動車 安く買う
中古車・自動車 高く売る
中古車・自動車 格安諸経費
2年間保証
自動車・中古車オークションの流れ
アイドリングをなくそう


中古車 オークション・自動車 オークション・中古車検索・自動車 検索
車 買取・自動車 買取・中古車 買取
中古車 相場・自動車 相場

  >    >  車検証再発行の必要書類

車検証再発行の必要書類

車検証再発行の必要書類

車検証は自動車の所有者及び使用車を証明し、またその自動車が検査した日における自動車保安基準に適合していたことを証明する書面です。
正式名称は「自動車検査証」といいます。

 

ここでは車検証の再発行の前に、車検証に何が書いてあるのかを少し学んでいきましょう。車検証が手元にあるという方はご用意ください。

 

さて、まずは一番左上の欄を見てください。この欄は「自動車登録番号または車両番号」です。これは要するにナンバープレートに書いてある番号です。

 

次にその下の欄を見てください。ここは「車名」です。ここには自動車のメーカー名(ニッサン、ホンダなど)が入ります。車種名(オデッセイ、プリウスなど)が記載されるわけではないので気をつけてください。

 

その下には「車台番号」があります。車台番号は響きこそ車体番号と似ていますが全くの別物です。車台番号とは日本に流通しているすべての自動車に割り当てられている識別番号で、言ってみればグローバルIPアドレスのようなものです。車台番号はアルファベットと数字、17ケタから成り立っています。車台番号は自動車のオーナーが変わっても変わることはありませんので、車両の個体を見分けるうえで非常に重要な要素になります。

 

その少し下には所有者の氏名または名称+所有者の住所欄があります。ここには通常、自動車を普段使っている人の名前と住所が入ります。ただし、自動車の所有権がローン会社などにある場合はその名前が記入されます。

 

その下には使用者の氏名または名称+所有者の住所欄があります。この欄は通常****が並んでいますが、使用者と所有者が違う(所有権がローン会社にある場合など)場合は別途使用者の名前が記入されます。

 

続いて一番上に戻って登録年月日/交付年月日を見てください。これは新規登録・名義変更を行った日時です。また、その隣の初年度登録は初めて登録を行った日付が入ります。

 

その他重要な欄として有効期間の満了する日もチェックしておきましょう。これは車検が切れる日です。

目次

  1. 車検証がないとどうなるの?
  2. 車検証の再発行の手続きは?
  3. 書類がそろった後の手続き
  4. 車検証発行に関する注意点

 

 

車検証がないとどうなるの?

車検証再発行の必要書類

車検証を不携帯のまま運転すると罰則があります。罰則の内容は50万円以下の罰金です。また、車検証がないと自動車を売却する際にも査定が受けられなくなりますし、車庫証明の発行もできなくなります。このほかにも車検証をなくすといろいろなトラブルが起こることが考えられますので、必ず携帯しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

車検証の再発行の手続きは?

車検証再発行の必要書類

車検証の再発行に当たっては、まず必要な書類をそろえなくてはなりません。必要な書類は以下の通りです。

 

車検証

車検証を紛失した場合は必要ありませんが、車検証を紛失ではなく汚損した場合は、その車検証を持っていく必要があります。

 

理由書

車検証を返納できない場合は、理由書が必要です。理由書とは車検証の紛失・盗難等、またはナンバープレートの紛失・盗難等にあった場合、その理由を記入する書面のことです。理由書のテンプレートは「車検証 ダウンロード」などで検索すると簡単に見つかりますので、それをダウンロードして印刷してください。

 

理由書の記入は黒のボールペンで行ってください。鉛筆は不可です。また、管理の問題から感熱紙に印刷されている理由書は受けとってもらえませんので、必ず普通紙に印刷してください。誤字がある場合は新しい理由書に書き直すか、もしくは訂正印を押してください。

 

申請者の身分証明書

身分をきちんと証明できるものならば特に種類は問いません。健康保険証や社員証、運転免許証、パスポート、住基カードなど用意できるものをそろえておきましょう。不安だという場合は念のために写真入りのものを選ぶようにしましょう。

 

手数料納付書

手数料納付書は陸運支局で入手することが出来ます。手数料納付書には印紙(300円分)を
張り付けます。

 

申請書/h4>

申請書は当日に陸運支局で入手することが出来ます。申請書に所定の記入を済ませて提出しましょう。

 

 

書類がそろった後の手続き

必要な書類をすべてそろえたら陸運支局に提出に向かいます。申請の前に必要書類が全部そろっているか、もう一度確認しておきましょう。また、費用についても確認しておきましょう。申請にかかる費用は再交付申請手数料300円(印紙で納めます)と申請書用紙代(100円程度)がかかります。

 

また、陸運支局は平日の午前8時45分から午前11時45分、午後1時から午後4時までしか受け付けていないので注意が必要です。その時間にどうしても時間が取れないといおう場合は、代理人に依頼しましょう。

 

なお、代理人に依頼する場合は別途委任状が必要となります。委任状には決められた様式がありますので、そのスタイルに沿って記入して提出してください。

 

さて、陸運支局についたらまずは用紙販売窓口で手数料納付書と申請書を購入してください。申請書用紙は100円程度かかります(地域によって多少金額が異なります)。その後は見本に沿って申請書の記入を進めていきます。見本を見ても書き方が良くわからないという場合は、陸運支局の職員に遠慮なく尋ねましょう。

 

記入が終わったら次に手数料納付書に貼る印紙を購入してください。印紙代は300円で、全国共通です。

 

記入が終わったらもう一度内容をチェックして、記載ミスがないか確認したうえで提出してください。もし万が一不備があった場合には、訂正印を押したうえで該当部分を訂正し、再度提出しましょう。

 

問題がなければ書類は受理されますので、しばらく待ちましょう。車検証は早ければ10分程度で交付されますが、混んでいる時期は1時間以上かかることがあります。

 

陸運支局が込む時期は年末、年度末、月末などです。逆に月頭、年度明け、大型連休中などはかなり閑散としていますので、いつ行ってもいいと考えている方はこれらの時期を狙っていくといいでしょう。特に大型連休中は行政書士の方も休みを取っているのか陸運支局はガラガラです。

 

車検証の再発行が終わったら、必ず車検証に不備がないか確認しましょう。車検証内の住所や氏名は正確に記入されているか(車検証には正確な名前や住所を書かなければなりません。たとえば、本名が濱田なのに浜田と書かれていた場合は正式な車検証として認められないケースがあります)

 

以上で車検証の発行は終わりです。

 

 

車検証発行に関する注意点

車検証の発行は全部自力でやれば手数料納付書に貼る印紙代と申請書代、計400円程度で済みますが、行政書士に依頼する場合は別途費用が掛かります。この費用は行政書士事務所などによってかなり違ってきますので、事前に複数の行政書士事務所に相談して、複数の見積もりをもらっておくといいでしょう。

 

その見積の中で一番安いところを選んで依頼すれば、お得に終わる可能性が高まります。ただし、中には安かろう悪かろうのサービスしか提供していないような行政書士事務所もありますから、事前に口コミなどをチェックしておいた方がいいかもしれません。

 

また、行政書士事務所はできるだけ陸運支局から近いところを選ぶようにしましょう。代行手数料には行政書士の交通費も含まれていますので、陸運支局から近い方が当然上乗せされる交通費は少なくなります。幸い、陸運支局の周りにはたくさんの行政書士事務所がありますので心配はいりません。

 

再発行を行ったら今度こそなくさないようにしましょう。あまり頻繁になくしているようではいろいろと困ることもあります。必ず車内のどこか目立つ場所に置いておきましょう

 





Copyright カーオークション.JP all rights reserved.